競馬予想ポータルサイト 的中率・回収率・今週のオススメ・競馬ニュースなど

今日の競馬ニュース

平安ステークス【2011】を分析してみよう【2】(ニュース記事で見る) (平安ステークス 予想 ニュース)

平安ステークス【2011】を分析してみよう【2】(ニュース記事で見る) ≪広告≫ 無料予想ファン必見のサイト!! KEIBA-TRENDY 平安ステークス参考記事 【平安S】完熟オレンジ切れ味100% 平安Sの追い切りが19日、東西トレセンで行われ、昨年2着のダイシンオレンジが栗東CWコースでラスト

有馬5着ジョーダン本格化へ(アメリカJCC2011ニュース) (アメリカJCC 2011)

有馬5着ジョーダン本格化へ 飛躍を期待されるトーセンジョーダン(牡5、栗東・池江泰寿)が始動する。有馬記念は5着。「初G1で、逃げる形になって、早めに後ろから来られても崩れなかった」と吉村助手も力を再確認した。以前は不安を抱えていた爪の状態も「心配ない」と万全。「古馬らしく実が入ってきた。今年は本格

【JC】ジョシュア1億円獲りローテ!! (JC ジャパンカップ ニュース)

欧州No.1トレーナー、アイルランドのエイダン・オブライエン調教師が2度目のJC挑戦として、ジョシュアツリーを送り込んできた。キャリアは出走予定の18頭中最少の6戦だが、前走のカナディアン国際Sでは今回来日したモアズウェルズ、フィフティープルーフらを退けてGI初制覇。その後は同じ左回りの2400メー

【メルボルンC】トウカイトリックは12着 (トウカイトリック ニュース)

オーストラリアの祭典メルボルンC(2日、豪GI、芝3200メートル)がフレミントン競馬場で行われ、日本から参戦した藤田伸二騎手騎乗のトウカイトリック(牡8歳、栗東・野中賢二厩舎)は12着に終わった。勝ったのはフランスからの遠征馬でG・モッセ騎手騎乗のアメリケイン(牡5歳)。 (サンスポ) 残念でした

セイウンワンダー屈腱炎 全治9カ月以上 (セイウンワンダー ニュース)

日本中央競馬会(JRA)は29日、2008年の朝日杯フューチュリティステークス(GI)を勝ったセイウンワンダー(4歳牡馬)が右前浅屈腱炎を発症したと発表した。9カ月以上の休養を要する見込み。 (サンスポより) 残念ですね…期待している馬だけに…

【天皇賞・秋】勢いアリゼオ!3歳馬Vだ (毎日王冠 アリゼオ)

秋のGIシリーズは東京競馬場に舞台を移して、中距離の頂点を決める天皇賞(秋)が行われる。ブエナビスタやアーネストリーといった古馬が人気を集めるが、今年はイキのいい3歳馬が史上最多となる5頭も出走する予定。中でも注目されるのは、アリゼオだ。あのオグリキャップ以来、22年ぶりに3歳馬として最重要前哨戦の

【菊花賞】逆襲ダムール!悲願GI奪取狙う (菊花賞 ニュース)

【菊花賞】逆襲ダムール!悲願GI奪取狙う 皐月賞2着馬ヒルノダムールが、悲願のGI奪取を狙ってくる。夏は札幌記念で古馬相手に善戦(4着)。その後はここ一本に目標を定め、菊花賞仕様にハードに鍛えられてきた。能力上位の実績馬が、最後の1冠へ執念を燃やす(産経スポーツより) 菊花賞の最大の穴馬だと信じて

【毎日王冠】ペルーサに注目 (毎日王冠 ペルーサ)

【毎日王冠】ペルーサ…!! 伸び盛りの素質馬が、古馬を相手にどんな姿を見せるのか。4馬身差の圧勝で青葉賞を制したペルーサが、秋の始動戦で強豪古馬を撃破する。4戦4勝の成績を引っさげて挑んだダービーでは、まさかの出遅れ。さらに超スローペースになったため、6着に追い上げるのが精一杯だった。「ゲートでソ

オルフェーヴルは芙蓉Sへ (オルフェーヴル ドリームジャーニー 競馬ニュース)

 ★…8月14日の新潟新馬戦(芝1600メートル)Vのドリームジャーニーの全弟オルフェーヴル(栗・池江寿)は、芙蓉S(10月3日、中山、OP、芝1600メートル)で連勝を狙う。(サンスポより) 全兄−ドリームジャーニーは2歳時朝日杯を勝利。同レースも勝利 また中山適性が抜群3−2−1−3/9 09年

音無2騎、サマー王者へ意欲…!! (競馬 サマーシリーズ ニュース)

音無厩舎は七夕賞、小倉記念に続きドモナラズとサンライズベガを送り込む。2頭ともサマー2000制覇のチャンスがあるだけに、シリーズ最終戦に注目だ。「ドモナラズは目に見えない疲れが心配だけど、動きをみる限り大丈夫そう。小倉記念(11着)同様、今回も斤量と流れがカギ。ベガは使いながら良くなるタイプで状態

ロジユニヴァース復活2着 (競馬ニュース ロジユニヴァース)

第46回札幌記念(22日、札幌9R、GII、3歳上オープン国際、定量、芝2000メートル、1着本賞金7000万円=出走16頭)昨年のダービー馬ロジユニヴァースは2番手でレースを進め、直線で外からアーネストリーにかわされてからも、しぶとさを発揮して1馬身3/4差の2着。宝塚記念は13着大敗だっただけ

© 2012 競馬予想@ & ADKトップ All rights reserved.